アクセントのご利用例

受講生の皆さんが、Accentのサービスをどのように活用されているか、
典型的な例をご紹介しましょう。

 

Udoさんは、国際的なファッション関連企業のゼネラルマネージャーです。多忙なビジネスパーソンである彼は、会社で使う実践的な英語を練習したいと、レッスンを受講しています。

  • Udoさんは出勤前にレッスンに参加し、その日に使いそうな英語を練習します。手頃な価格の25分間のレッスンを頻繁に受講し、アクティブリコールによる復習と練習をコンスタントに行うことで、自分がよく使う英語を自信を持って活用できるようになることを目指しています。
  • 講師のサポートを受けながら、Udoさんは、会議で交わされる会話、プレゼンに使用する自然な英語表現、ビジネスメールで使える新しい英単語やフレーズなどを学んでいます。
  • OnePageのカスタマイズされたコンテンツは、出社後も、自分のPCや端末からアクセスできるので、作成中の文書にそのコンテンツをコピー&ペーストしたり、会議に向かう途中にスマートフォンでテキストを復習したりすることができます。

Kentaさんは、大手グローバル飲料メーカーのマーケティング担当マネージャーです。英語のレベルは中~上級。彼も多忙なビジネスパーソンですが、マーケティングに関する上級ビジネス英語を学びたいとレッスンを受けています。

  • Harvard Business Review、Forbes、Inc.com、Entrepreneur.comなど、彼の専門分野に関連のある最新のメディア記事を教材とし、有益なビジネス英語のインプット、アウトプットに活用しています。
  • 時折、英語でのプレゼン準備のサポートを必要とするKentaさん。25分のレッスンを2回分使って練習します。そして、少し間を空けてから25分のレッスンをいくつか取り、自信を持って話せるようになるまでプレゼンの練習を繰り返します。
  • 成功の鍵は練習」ということを知っているKentaさんは、出張先でも生産性を落とさず、英語の練習も欠かすことがありません。国内出張でも海外出張でも、場所にかかわらずバーチャル教室レッスンを受けています。

Keikoさんは、ファッションを学んでいる意欲的な学生です。卒業を間近に控えた彼女は、アルバイトをしながら、ロンドンの名門ファッションカレッジへの留学を目指して、IELTS受験のための勉強をしています。

  • Keikoさんは、IELTSテストでスコア7以上を取得することと同様に、自信を持ってコミュニケーションをとれるようになること、海外での生活や留学経験を最大限に活用できるようになることが大切だと考えています。そこで彼女は、IELTS受験用のテキストとカスタマイズされたコンテンツをOnePageを使って学んでいます。
  • お小遣いのためにアルバイトは続けたい・・・でも、英語でのコミュニケーション能力を高めるために、たくさんの練習時間も必要・・・という忙しいKeikoさん。そこで、経験豊かなフィリピンの講師とのオンラインレッスンで練習を重ねながら、IELTS対策のためにネイティブの英語講師のレッスンも受講しています。

条件を入れて空き状況ご確認の上、25分間の体験レッスンをご予約ください!

Accentの生徒の方. ログインし、条件を入れて空き状況をご確認の上、レッスンをご予約ください。

Arrows Up 体験レッスン・ご予定